最新ニュース

和歌山県人会 来校

11月25日(月)本校に南加和歌山県人会、メキシコ和歌山県人会、シアトル紀州クラブのみなさんが来校してくれました。
本日の交流では、
1 学校案内(日本の学校紹介)
2 移民について理解を深める
以上をテーマに実施しました。


学校案内では、開智の施設を英語で紹介しました。
また移民については事前に移民のことを学び、和歌山県とアメリカ、メキシコの移民について調べました。そこで、学んだことを質問をしたり、逆に日本の学校について答えたり、有意義な時間を過ごすことができました。

これを機会に、より国際感覚を身につけていきましょう!




第6期DGS交流派遣プログラム


第6期DGS交流派遣プログラムとして、Dartford Grammar Schoolから代表派遣生徒のCameronくんが来てくれています。
DGS交流派遣プログラムは、両校の代表生徒を互いに派遣し、ホームステイしながら学校生活を体験するプログラムで、Cameronくんは、高校1年A組に所属し、開智生として約3週間、学校生活を共に過ごします。アカペラ部にも参加したり、開智での生活を積極的に楽しんでくれているようです。先週は、全校生徒の前で、日本語で堂々と挨拶もしてくれました。開智の制服もとっても似合ってますね♪


Dartford Grammar School 来校

10月18日(金)、英国の交流校であるDartford Grammar Schoolの生徒たちが来校し、生徒達と交流を行いました。

[交流プログラム]
1 歓迎セレモニー
2 異文化交流会+昼食
3 百人一首・挟み将棋体験
4 授業参加
5 スポーツ交流・日本文化体験

歓迎セレモニーは校長先生の英語での挨拶に始まり、両校の生徒代表が、開智生は英語で、ダートフォード生は日本語で挨拶を行い、校歌で締めくくりました。
その後の異文化交流会では、自己紹介をした後、校内見学へ。スタンプラリーのように各ポイントでミッションをこなしていきます。ルールやミッションの内容はあえて日本語で書かれているので、開智の生徒はダートフォードの生徒に英語で説明してあげないといけません。なかなか大変です。サイエンスルームではクロスワード、セミナーハウスでは「青春」のテーマフォト、アルタ体育館ではフリースローを決める、などのミッションの後、ゴールの生徒ホールでは、けん玉にチャレンジしてもらいました。その後、昼食を取るころには、両校の学生同士はすっかり打ち解けていました。



午後からは、百人一首や挟み将棋体験、数学・英語・国語の授業に参加し、その後はスポーツ交流組と書道・茶道体験組に別れて、フットサルや色紙に好きな漢字や自分の名前を書いたりして楽しみました。お抹茶も大人気で、大半の生徒がおかわりをするほど気に入ってくれました。


たった1日の交流でしたが、学生たちは英語やボディランゲージを通していろんな人と交流する楽しさを実感したようです。来年の訪問も今から楽しみです。


「グローバルリーダー研修@開智」を本校で実施します(12/24-28)。

昨年度実施したボストン研修の成果を踏まえて、今年度冬季(12/24-28)に本校で「グローバルリーダー研修@開智」を実施する予定です。説明会(9/7)の申し込み締め切り日は9/5です。*対象学年の中45高12の皆さんには同様の案内を7/26に配布済みです。




オーストラリア語学研修(シドニー研修2日目)

シドニー研修2日目は、まずはManly Beachへ。綺麗な砂浜が広がっています。
少し波打ち際で遊んでから、歩行者天国になっているコルソ通りを中心に街歩き。
ここは、シドニーの地元の人にとっても、1日お出かけの人気スポットだそうです。








街の中心部に戻り、Circular Quay という船着場から、約1時間半のランチクルーズです。
美味しいビュッフェ形式のランチをゆっくり楽しんだ後は、デッキへ。昨日見たオペラハウスやハーバーブリッジを、今日は海から眺めます。


クルーズ終了後、船着場からすぐのWild Life Sydneyへ。コアラやカンガルー、タスマニアンデビル、カモノハシ、ワニ、ヘビなど、オーストラリアの動物をたくさん見ることができました。


その後はシティセンターに行き、しばしの自由行動。ホテル近くには飲食店がほとんどないので、ここでテイクアウェイの夕食も確保です。店員さんに自信を持って英語で話しかける姿も見られ、この2週間の研修の成果が感じられました。
楽しかったオーストラリア研修も、いよいよ終盤に近づいてきました。明日は早朝の便で、ケアンズを経由して日本へ帰ります。みなさん、お土産ばなしを楽しみにしていてくださいね!