最新ニュース

狂言鑑賞会のご案内

狂言鑑賞会のご案内

『[狂言方]大蔵流 茂山家 茂山狂言会(茂山千五郎家)』

【保護者の皆様方へ】
 7月23日(火)に狂言鑑賞会が実施されます。

 現在、狂言はテレビのバラエティー番組などで他の芸能と共演したり、また、茂山家の若手狂言師の方が舞台や映画・テレビドラマで活躍するなど、ブームとなっています。
 今回は、京都より日本を代表する狂言師の集団、「茂山狂言会」の方々をお招きして狂言鑑賞会を実施いたします。本校における狂言鑑賞会は、平成18年に人間国宝の狂言師・四世 茂山千作さんをお招きして実施し、平成25年には五世 茂山千作さんをお招きして実施しています。
 今回は、茂山家の大御所・茂山千三郎さんをはじめとして、茂山狂言会の中堅や若手の方々にご来演していただく予定です。
 古典芸能としては、非常におもしろく、わかりやすい狂言をぜひ、生徒や保護者の方に楽しんでもらえればと思います。
 演目も、「ぶす」・「かきやまぶし」といった、狂言の定番をしていただきます。国語の教科書にも載ることもあり、大変おもしろい演目です。

※茂山狂言会のホームページへのリンク↓です。
https://kyotokyogen.com/

 午後の部では、保護者の方にもたくさんご来場いただき、生徒と共に楽しんでいただければと思います。



●ご案内●
午前の第一部は中5中6、高1~高3学年が鑑賞します。
午後の第二部は中1~中4 と 保護者の方の鑑賞となります。

午後の部は12時45分の開智ホール開場で、13時30分の開演となっています。たくさんの保護者の方の来場をお待ちしております。

【保護者の皆様へ】
■狂言鑑賞会のご案内■

●出 演 者:[狂言方]大蔵流 茂山家 茂山狂言会(茂山千五郎家)
   茂山千三郎、茂山宗彦、茂山逸平、島田洋海、鈴木 実
●演  目:「柿山伏(かきやまぶし)」・「附子(ぶす)」・「神鳴(かみなり)」
●実施場所:開智ホール
●日  時:令和元年7月23日(火)
      13:30~15:10(約100分)
      (開智ホールの開場は12:45より)

●お 願 い:(※受付は中央棟2階にて)
  ご入場は公演開始10分前までにお願いいたします。
  お車での来校はご遠慮ください。
  上履きもご用意願います。
  当日は、保護者専用の座席にお座り願います。
  携帯電話の電源を必ず切ってからご入場ください。



■ 茂山狂言会

茂山千五郎家は、江戸初期から、京都在住の狂言師の家として歴史に残っています。初代から四代目までは、馬術指南を勤めていたといわれています。
五代目から狂言師として記録が残っており、六代目から禁裏御用(御所に出入りを許されている。今でいう「宮内庁御用達」のような家)の能楽師として、京都・奈良を中心に狂言を上演した記録が各地に残っています。九代目の茂山千吾正乕(マサトラ)が、時の大老・井伊直弼に見いだされ、彦根藩に抱えられます。その時、名を尋ねられ「千吾」と答えたのに大老が「千五郎」と聞き違いをなされ、その時より当主名が「千五郎」となりました。
現在も十三代目の当主・千五郎を中心として、400年にわたり、京都に息づいてきた狂言の普及・継承に勤めています。


音楽鑑賞会のご案内

●音楽鑑賞会のご案内



■音楽鑑賞会のご案内(大阪交響楽団 演奏会)
【保護者の皆様方へ】
10月18日(木)に音楽鑑賞会が実施されます。

本年度の音楽鑑賞会は、日本を代表するオーケストラの「大阪交響楽団」による演奏会を実施いたします。
大阪交響楽団は、1980年の創立以来、アンサンブルの緻密さに定評があり、古典から現代作品に至るまで、柔軟かつ高い演奏力で国内外で高い評価を得ています。
大阪での定期演奏会をはじめ、全国のさまざな地域でも演奏会を精力的に行っています。

今回の開智での公演では、総勢55名オーケストラのメンバーの方々に加え、指揮に柴田真郁 氏、ソプラノの柏山恵菜 氏、バリトンの福嶋勲 氏 を迎えての演奏会となります。
スタッフの方々も含めて、総勢66名で来校していただきます。
大阪交響楽団による質の高い演奏をぜひ楽しんでください。

プログラムも下記のように、クラシックフアンをうならせる名曲をエントリーしています。
ぜひ、本校音楽鑑賞会で、一流のオーケストラによる、オーケストラ音楽の神髄を堪能してください。

★ 大阪交響楽団 の ホームページへのリンク↓です。
  http://sym.jp/
「午前の部」では、保護者の方にもたくさんご来場いただき、生徒と共に楽しんでいただければと思います。

●ご案内●
午前の第一部は中1~ 中4 と 保護者の方の鑑賞となります。
午後の第二部は中5中6、高1~ 高3学年が鑑賞します。

午前の部は9時45分の開智ホール開場で、10時30分の開演となっています。たくさんの保護者の方の来場をお待ちしております。


(指 揮)柴田 真郁 氏


【保護者の皆様へ】
■音楽鑑賞会のご案内■
●出  演: 
 ・管 弦 楽  大阪交響楽団
 ・指  揮  柴田 真郁 氏
 ・ソリスト  柏山 恵菜 氏(ソプラノ)・福嶋 勲 氏(バリトン)
 ・司 会 者  吉岡江利子 氏
●プログラム
 【1部】
・ロッシーニ:歌劇「セビリアの理髪師」序曲
・ロッシーニ:歌劇「セビリアの理髪師」より “街のなんでも屋”
・ロッシーニ:歌劇「セビリアの理髪師」より “今の歌声は”
・ビゼー:歌劇「カルメン」より第3幕への前奏曲
・ビゼー:歌劇「カルメン」より “何を恐れることがありましょう”
・ビゼー:歌劇「カルメン」より “闘牛士の歌”
 【休憩】
 【2部】
・ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」より 第1・3・4・5楽章
・スメタナ:交響詩「わが祖国」よりモルダウ

●実施場所:開智ホール

●日  時:平成30年10月18日(木) 
      10:30 ~ 12:10(約100分)
      (開智ホールの開場は 9:45より)
●お 願 い:  
  ご入場は公演開始10分前までにお願いいたします。
  お車での来校はご遠慮ください。
  上履きもご用意願います。
  当日は、保護者専用の座席にお座り願います。
  携帯電話の電源を必ず切ってからご入場ください。


柏山 恵菜 氏(ソプラノ)

福嶋 勲 氏(バリトン)



演劇鑑賞会のご案内

【保護者の皆様へ】
■演劇鑑賞会のご案内■

●出 演 者:関西芸術座
●演  目:『遥かなる甲子園』
●実施場所:開智ホール
●日  時:平成30年7月24日(火)午後、約2時間の公演 
      13:30~15:30(約120分)
      (開智ホールの開場・・12:45より)
●お 願 い:  
  ご入場は公演開始10分前までにお願いいたします。
  お車での来校はご遠慮ください。
  上履きもご用意願います。
  当日は、保護者専用の座席にお座り願います。
  携帯電話の電源を必ず切ってからご入場ください。
※受付は中央棟2階の事務室前です。



■演劇鑑賞会のご案内
 『遥かなる甲子園』(関西芸術座)

【保護者の皆様方へ】
7月24日(火)に演劇鑑賞会が実施されます。

今回の演劇は、沖縄で実際に起こった出来事で、聴力に障害をもった高校球児たちが甲子園を目指し、高野連に加盟するまでを描いた青春物語です。
関西芸術座さんは、この『遙かなる甲子園』を、1997年に初演をし、全国500ステージ以上を上演されています。
原作は、スポーツライターの戸部良也さんの同名ノンフィクションです。後に山本おさむさんが漫画にし、さらに、テレビドラマや映画(文化庁優秀映画作品賞受賞)にもなりました。
困難に立ち向かう人たちの熱いエネルギーと、福里ろう学校球児たちの野球にかける熱い想いが、きっと皆様の胸を熱くさせてくれることでしょう。



関西芸術座は、開校当初に『奇跡の人』、平成17年に『少年H』、平成24年に『チンチン電車と女学生』を本校で公演していただき好評を博しました。

★関西芸術座のホームページへのリンク↓です。
 http://kangei.main.jp/

午後の部では、保護者の方にもたくさんご来場いただき、生徒と共に楽しんでいただければと思います。

●ご案内●
午前の第一部は中5中6、高1~高3学年が鑑賞します。
午後の第二部は中1~中4と保護者の方の鑑賞となります。

午後の部は12時45分の開智ホール開場で、13時30分の開演となっています。たくさんの保護者の方の来場をお待ちしております。


図書館の演劇鑑賞会 特設コーナー


【保護者の皆様へ】
■演劇鑑賞会のご案内■

●出 演 者:関西芸術座
●演  目:『遥かなる甲子園』
●実施場所:開智ホール
●日  時:平成30年7月24日(火)午後、約2時間の公演 
      13:30~15:30(約120分)
      (開智ホールの開場・・12:45より)
●お 願 い:  
  ご入場は公演開始10分前までにお願いいたします。
  お車での来校はご遠慮ください。
  上履きもご用意願います。
  当日は、保護者専用の座席にお座り願います。
  携帯電話の電源を必ず切ってからご入場ください。
※受付は中央棟2階の事務室前です。



音楽鑑賞会

 20日、日本センチュリー交響楽団の方々による音楽鑑賞会が行われました。
 今年で開校25周年ということもあり、開智の校歌を「オーケストラ version」で披露していただきました。いつも式典の度に斉唱し聞き慣れているはずの校歌ですが、オーケストラではより重厚感があり、心に響く心地よい音色でした。
 生徒達の感想文には、「歌劇カルメンの闘牛士という曲で、シンバルや太鼓の迫力満点の音色にびっくりしました。」や、「ベートーヴェンの『運命』の有名な第1楽章の時のヴァイオリン奏者の方が体全体を使って感情を込めて演奏しているのが印象的でした。」など、生演奏ならではのコメントが多く見られました。
 指揮者の太田雅音氏が全身をダイナミックに使って曲を表現すると、生徒達は興味深い様子で鑑賞していました。また、ゲスト出演してくださったNHK交響楽団 首席トランペット奏者の菊本和昭氏の素早い指の動きや、高音でも綺麗に響き渡る音色は印象的で、素晴らしいものでした。
 美しい演奏を披露していただいた、日本センチュリー交響楽団の皆様、感動と癒しをありがとうございました。



指揮者の太田雅音氏

トランペット奏者の菊本和昭氏


ダイジェスト版(午前の部:中学校)




ダイジェスト版(午後の部:高校)




音楽鑑賞会(25周年記念演奏会)のご案内


■音楽鑑賞会のご案内
日本センチュリー交響楽団 「開智25周年記念演奏会」

【保護者の皆様方へ】
6月20(火)に音楽鑑賞会が実施されます。

本年度の音楽鑑賞会は、以前(平成26年)に本校で演奏会をしていただいた、日本を代表するオーケストラの「日本センチュリー交響楽団」による演奏会を実施いたします。

今回の音楽鑑賞会は、本校開校25周年の記念事業の一環として、プログラムや出演者も、記念演奏会にふさわしい豪華な内容となっております。

日本センチュリー交響楽団は、1989年に活動を開始し、創立28周年を迎えます。
創立以来、アンサンブルの緻密さ、古典から現代作品に至るまで、柔軟かつ高い演奏力で国内外で高い評価を得て、大阪での定期演奏会をはじめ、全国のさまざな地域でも特別演奏会を行っています。本校の記念演奏会ですので、開智校歌のオーケストラバージョンへの編曲も依頼しております。

今回は、総勢約53名オーケストラのメンバーの方々に加え、指揮に太田雅音(おおた まさね)氏、ソリストとして、NHK交響楽団首席トランペット奏者の菊本和昭(きくもと かずあき)氏がゲストとして来演していただくこととなっています。

プログラムは、現在交渉中ですが、クラシックフアンをうならせる名曲をエントリーしています。
ぜひ、本校音楽鑑賞会で、一流のオーケストラによる、オーケストラ音楽の神髄を堪能してください。

★日本センチュリー交響楽団 の ホームページへのリンク↓です。
 http://www.century-orchestra.jp/

記念演奏会ですので、今回、午前の部では、保護者の方にもたくさんご来場いただき、生徒と共に楽しんでいただければと思います。



●ご案内●
午前の第一部は中1~中3 と 保護者の方の鑑賞となります。
午後の第二部は中4~中6、高1~高3学年が鑑賞します。

午前の部は10時15分の開智ホール開場で、11時00分の開演となっています。たくさんの保護者の方の来場をお待ちしております。

【保護者の皆様へ】
■音楽鑑賞会のご案内■
●出 演 者:
・管弦楽  日本センチュリー交響楽団
・指 揮  太田 雅音 氏
・独 奏  菊本 和昭 氏 (NHK交響楽団 首席トランペット奏者)
●演  目:予定です。↓
・フチーク:行進曲 剣士の入場
・開智中学校・高等学校 校歌
・ハイドン:トランペット協奏曲変ホ長調Hob.VIIe-1 より 第2楽章、第3楽章
・ビゼー:カルメン組曲より セギディーリャ、アルカラの竜騎兵、トレアドール
・ヴェルディー:歌劇「ナブッコ」序曲
・ベートーベン:交響曲 第5番「運命」

●実施場所:開智ホール
●日  時:平成29年6月20日(火)
      11:00~12:40(約100分)
      (開智ホールの開場は 10:15より)
●お 願 い:  
  ご入場は公演開始10分前までにお願いいたします。
  お車での来校はご遠慮ください。
  上履きもご用意願います。
  当日は、保護者専用の座席にお座り願います。
  携帯電話の電源を必ず切ってからご入場ください。


プロフィール


菊本 和昭 氏(独奏)

太田 雅音 氏(指揮)


■指揮:太田 雅音 氏 
東京藝術大学卒業。2006年4月より東京藝術大学在学中、弱冠21歳ながら日本センチュリー交響楽団のコンサートマスターに就任。2010年秋より拠点をドイツに移し本格的に指揮者に転向、ミュンヘン、ドレスデンにて研鑽を積む。2012年第9回フィッテルブルク国際指揮者コンクール、セミファイナリスト、最優秀日本人指揮者賞受賞。

■独奏:菊本 和昭 氏
京都市立芸術大学を首席で卒業および同大学院首席修了。また、フライブルク音楽大学、カールスルーエ音楽大学で学ぶ。2004年より約7年間京都市交響楽団に在籍し、2012年よりNHK交響楽団首席トランペット奏者に就任して現在に至る。
第19回日本管打楽器コンクール第1位、第72回日本音楽コンクール第1位および増沢賞、E.ナカミチ賞、聴衆賞といった国内のコンクールをはじめ、済州ブラス・コンペティション第2位、リエクサ国際トランペット・コンクール第3位、エルスワース・スミス国際トランペット・ソロ・コンペティション第2位およびChosen Vale賞を受賞するなど、国際的なコンクールでも多数の受賞歴がある。
京都トランペットグル-プ「SummerBreeze」、きょうと金管五重奏団、ジャパンブラスコレクション、いずみシンフォニエッタ大阪の各メンバー。東京藝術大学非常勤講師。

■演奏:日本センチュリー交響楽団
大阪府のオーケストラとして1989年に発足し、府民からの公募で大阪センチュリー交響楽団と命名された後、2011年に公益財団法人日本センチュリー交響楽団として大阪府から独立。現在55名のメンバーが在籍し、首席指揮者に飯森範親、首席客演指揮者にアラン・ブリバエフ、アーティスト・イン・レジデンスに小山実稚恵を迎えて活動を展開する。
年間8回のザ・シンフォニーホールでのシンフォニー定期演奏会、ハイドンの交響曲全曲演奏・録音プロジェクト「ハイドンマラソン」を展開中のいずみ定期演奏会(いずみホール)、そして楽団の指定管理事業が本格始動した大阪府豊中市立文化芸術センターでの名曲シリーズと、大阪府下3拠点で定期的な演奏会を開催。2016年度より新機軸として「エンジョイ・センチュリーシリーズ」をスタートさせ、ジャンルを超えた新たな形態のコンサートにも積極的に取り組む。室内楽コンサート、依頼公演、音楽鑑賞会を合わせると年間200回を超える公演を行っている。
アウトリーチ活動では、オーケストラ体感コンサート「タッチ・ジ・オーケストラ」、特別支援学校コンサート、ユースオーケストラの運営といった次世代への教育プログラム、「豊中まちなかクラシック」(豊中市)、「ルシオール街かどコンサート」(滋賀県守山市)等、わが街の身近なオーケストラとして楽しんでもらうための地域連携事業にも力を入れている。
「優れた演奏により地域の力を発信する」「オーケストラによる感動と癒しを提供する」「優れた才能を発掘し次世代の育成に寄与する」「国際相互理解や平和に積極的に貢献する」の4つの理念をもとに、演奏を通して多くの人々の心に明るい夢が広がることを願い、新しい時代のオーケストラとして発展を目指し活動している。
オフィシャル・ホームページ http://www.century-orchestra.jp/