最新ニュース

オーストラリア語学研修(ウェルカムセレモニー、現地授業参加)

今日から本格的に学校が始まりました。
まず、研修校のCasey Grammar Schoolでウェルカム・セレモニーが開かれました。
現地の生徒約300人に加え、校長先生、学校のあるCranbourneの市長さん、地元の議員さんも出席された豪華なセレモニーでした。校長先生の挨拶では、お母さんが日本人という生徒のジュナさんが、上手な日本語で通訳をしてくれました。開智からは1ーAの吉松さん、2ーBの寺口さんが代表の挨拶を行いました。2人とも堂々としっかりとしたスピーチをしてくれました。



その後、開智生2人に1人、現地の生徒がバディとして付いてくれ、バディと一緒に授業に参加しました。オーストラリアでは、ホームルームというものがなく、生徒はそれぞれ自分の時間割で授業毎に教室を移動します。移動の度に、バディ以外の現地生も、開智生に気さくに話しかけてくれて、学校全体で歓迎してくれているのが伝わってきました。
また、10時頃にモーニングティーという軽食休憩があります。ランチタイムは13:15からなので、この休憩がないと、すごくお腹が空いてしまうのでしょうね。
ランチの後も、バディと一緒に授業です。バディによって、取っている授業が違うため、様々でしたが、化学、生物、数学、音楽、フランス語、英語などの授業を受けました。
オーストラリアの学校生活を体験できた、素晴らしい1日となりました。