最新ニュース

アカペラ部 クリスマスコンサートのお知らせ

12月22日(土)12時15分から、本校プラセットホールで、アカペラ部のクリスマスコンサートを行います。
この日に向けて、たくさんの新曲を頑張って練習してきました!(「クリスマスソングメドレー」「星に願いを」「夜空ノムコウ」など)
新曲に加え、おなじみのあの曲まで披露する予定です。是非ともアカペラ部の素晴らしいハーモニーを聴きに、プラセットホールまでお越しください。
宜しくお願いします!


ビブリオバトル決勝大会

先週9日(日)はビブリオバトル決勝大会が和歌山県立図書館にて行われました。
開智からは中学生の部に小切朝賀さん(中3)が出場しました。

小切さんは予選Bグループで見事勝利!
Aグループの勝者との決戦では、大勢の観客の前で5分間見事にスピーチを終えましたが、惜しくも勝利を逃しました。
今年の大会会場は立ち見が出るほどたくさんの観客が入り、盛り上がっていました。
来年は高校生の部で頑張ってください。




ビブリオバトル和歌山市予選

和歌山県大会への切符をゲット

今月18日は和歌山県立図書館にて「ビブリオバトル和歌山市予選」が開催されました。
ビブリオバトルはおすすめの本を5分間プレゼンし、観客が「読みたい」と思った本に投票する競技です。

中学生の部には本校から3名がエントリー。
今年は出場者が多く、予選はA・Bグループに分かれて開催されました。
熱戦の末、両グループとも勝ち残ったのは開智。
2名による決戦の結果、辻村深月さんの『ツナグ』を紹介した小切朝賀さん(3年4組)が県大会への進出を果たしました。
県大会は来月9日。
応援よろしくお願いします。


東野圭吾『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で予選Aグループを突破した澤井真夏波くん(中2)

予選Bグループ1番手で河野裕『いなくなれ、群青』をプレゼンした足立優羽さん(中3)

辻村深月『ツナグ』で県大会進出を果たした小切朝賀さん(中3)


【サイエンス部】和歌山県 自然科学部会 -最優秀賞-


11/17(土)-18(日)に,
和歌山県高等学校総合文化祭(自然科学部門)が
本校にて開催されました。
この大会は,年に1回開催される和歌山県内の自然科学系のクラブの研究発表会です。

口頭発表では,公立・私立の多くの学校から,
合計21のエントリーがありました。
このうち,本校中5の 瀧本有彩 さん ,服部みちる さんが発表した
「栽培密度がコムギ(ゆめちから)の収量に与える影響」が,
最優秀賞(優勝)に選ばれました。

発表した2人を中心に,多くの部員で,
コムギの生育・手作業での脱穀・収穫後の分析を行い,
多量のデータを解析し,どの順でストーリーだてて提示するのか,
どのような言葉を使って分かりやすく説明するのかを検討してきました。
また,プレゼンテーションの仕方についても厳しい練習を重ねてきました。

この発表にむけて培った,
「仮説検証の思考」と「発表のノウハウ」は
きっと,いつか,役に立つと思います。


なお,本校からは,他に「単振動の周期に及ぼすバネの質量の効果(2)」,「ゴムの伸びと体積変化についての研究(2)」の発表も行いました。他校の研究のなかにも興味深いものが多数ありました。
発表の内容だけでなく,発表技術など勉強になるものが多かったと思います。




第5回全国高等学校書評合戦ビブリオバトル2018in大阪

11/4(日)関西大学梅田キャンパスにてビブリオバトル関西大会が開催されました。
本校からは4年4組坂本佑太くんが出場しました。
惜しくも決勝進出には至りませんでしたが、5分間の持ち時間をたっぷり使って
有川浩さん『県庁おもてなし課』をプレゼンしました。

今月18日にはビブリオバトル和歌山市予選に中学生3名が出場します。
応援よろしくお願いします!


持ち時間5分で本の魅力をアピールします


リラックスして臨めました