最新ニュース

第4回定期考査

今週は,第4回定期考査です。
気持ちよく年がこせるように,
しっかり努力の成果を発揮しましょう。



開智中学校・高等学校がテレビ和歌山に登場します!!


テレビ和歌山で開智が登場します!

11月3日(土)12:30から17:30
「春の高校バレー和歌山県大会決勝」が放送されます。

本校の男女バレーボール部がともに決勝進出しました!!
応援よろしくお願いいたします。








11月4(日)12:00から12:55
11月13日(火)19:00から19:55(再放送)
「受験生必見!私立中学校高等学校徹底ガイド 和歌山市内編」が放送されます。

開智の学校紹介ビデオが放送されます。
昨年度は英会話授業の様子やドローンから撮影した映像がありました。
今年度はどうなっているのでしょうか。

是非ご覧下さい。


音楽鑑賞会

昨日,音楽鑑賞会が実施されました。
(午前は中1-4,午後は高1-3,中5・6)
日本を代表するオーケストラの「大阪交響楽団」による演奏会です。
総勢55名オーケストラのメンバーの方々に加え、
指揮に柴田真郁 氏,ソプラノの柏山恵菜 氏,バリトンの福嶋勲 氏
を迎えての演奏会でした。

楽器の一つ一つの音は,心が洗われるような美しさがあり,
繊細かつ大胆な音楽はききごたえがありました。
音の高低(波長)・強弱(大きさ)・質(波形)にも様々なものがあり,
一つの曲でも場面場面によってめりはりがあるのが,素人にもよくわかりました。

作曲家の紹介もあり,耳がきこえなくなるケースが多いと知りました。
大きな音をききつづけているので,うずまき管内の基底膜が大きく振動しすぎて,
その上にあるコルチ器の聴細胞の感覚毛がおおい膜に強く接触しすぎることで破損して,
聴細胞に興奮が生じなくなってしまうのが原因かと想像しました。

オペラの方の澄んだ歌声も開智ホールの後方にまで鮮やかに美しくきこえる迫力のあるものでした。
最後は,サプライズで,校歌のオーケストラVer.も演奏してくださいました。
前奏から最後まで,迫力のある演奏でした。この演奏にあわせて,在校生も歌いました。

なかなか,日常では本格的な生のオーケストラ・オペラをきく機会がないので,貴重な体験となりました。
在校生のみなさんにも,オーケストラ・オペラが身近なものになったと思います。

オーケストラ・オペラ・司会の方々,すばらしい音楽鑑賞会を有難うございました。



第3回定期考査

只今,第3回定期考査のシーズンです。
中6・高3は,本日まで,中3ー5,高1,2は明後日までです。
中1・2は,来週からスタートとなります。

それぞれ思う存分力を発揮できたらいいですね。
試験が返却されたら,喜んだり,落ち込んだりするかもしれませんが,
それよりも,弱点を補強してレベルアップしていってほしいです。



さて,気分転換に,理科室や学校の裏庭の植物の写真をご覧ください。
理科の教科書に出てくる植物が結構,多く植えられています。


マメ科植物のオジギソウ 膨圧運動による接触傾性がみられる

今,花の季節です


接触傾性の動画は,
https://www.youtube.com/edit?ar=1&o=U&video_id=3_WTZYMCWVc
で公開。


キンモクセイ 匂うのは雄の木だけ

アオキ(低木層の代表)

オリーブ(硬葉樹林)地中海性気候で多くみられる

ヤブラン(草本層の代表)日影でもよく育つ

シダ(草本層の代表)

カタバミ(陰生植物の代表)


演劇鑑賞会

本日は午前と午後の二部に分けて、芸術鑑賞会が行われました。
今回は関西芸術座の皆様による、戸部良也原作の『遙かなる甲子園』が上演されました。
高校野球シーズンということもあり、高校野球を題材にしたこの演劇を楽しみにしている生徒が非常に多かったようです。
「ろう学校の野球部部員が高野連加盟を目指す」という簡潔ながらも非常に奥深い作品であり、手話やセリフの字幕を用いることによってどんな人でも楽しめる、そして感動できる舞台でした。ハンデを抱えながらもひたむきに野球に取り組む姿を目の当たりにし、「野球が好きだ、好きだから続けたい」という強い思いに心を動かされた生徒も多いことでしょう。そして、ハンデを抱える人々に向ける眼差しを指摘する登場人物の言葉が、胸に突き刺さったという人もいるでしょう。
爽やかで感動する120分間のなかで、それぞれの「気づき」を得られたことだと思います。

お暑い中、素晴らしい公演をしてくださった関西芸術座の皆様、本当にありがとうございました。



関西芸術座の皆様から素晴らしいサイン入り色紙をいただきました。本当にありがとうございました!