最新ニュース

『ゆめちから栽培研究プログラム』研究発表会



少し前の話になりますが,9月23日に,敷島製パン豊中工場にて,
『ゆめちから栽培研究プログラム』の研究発表会に参加してきました。
このプログラムは,Pasco(敷島製パン)が主催,リバネスが企画・運営するもので,
新品種の超強力コムギ『ゆめちから』をプランターで栽培し,最適な肥料の与え方(与える量やタイミング)などを研究するものです。
本校は,滋賀の光泉中学校・高等学校,大阪の清風中学校・高等学校とともに第5期課題研究校として,1年間『ゆめちから』を栽培してきました。その成果を,15分間の口頭発表とその後のポスターセッションにて発表しました。
どの学校も,趣向を凝らした興味深い発表をしていて,刺激になるものでした。



栽培・観察・分析・発表練習はとても大変でしたが,最も優秀な発表をした学校に送られる『プレゼンテーション賞』をいただくことができました。この経験を活かし,よりよい研究を続けていければと思います。



では,最後に昨年10月27日播種(種まき)から今年の6月3日収穫までのコムギの成長の様子などをご覧ください。


収穫

顕微鏡で観察した幼穂(穂の赤ちゃん)

コムギの花(風媒花)

手作業で脱穀