文化部

サイエンス

活動内容

物理班

サイエンス部は理科系のクラブが1つになってできた,新しいクラブです。
現在,以下の5つの班で活動を行っています。

【物理班】
サイエンス部の中で最も大きな班として活動しています。
主にロボットやコンピューターを用いた活動を中心に行っており,ロボットコンテスト,缶サット甲子園,科学オリンピックへの参加,総合文化祭などでの研究活動の発表,電気製品の分解と組み立て等を行っています。


化学班

【化学班】
サイエンス部の設立に伴い,新たに発足した班です。
化学的な実験技術を習得し,さまざまな実験を行っていきます。
今年度は,人工香料の合成や石けんの合成,簡易水蒸気蒸留装置を作成しての植物精油の抽出などを行っています。

【動物班】
今年度は,冷水浦漁港の季節によるシラスの種の変化を観察しています。
また,ウーパールーパーの飼育観察や,生物の解剖実習も定期的に行っています。

【園芸班】
プランターや畑で野菜や花を育て,植物の研究を行います。
今年からPasco(敷島製パン)とリバネスの協力を得て,「ゆめちから」という新品種のコムギを育てており,いろいろな条件を設定して生育がどのように変わるのかを比較しています。

※本校トップページに「ゆめちから栽培研究プログラム」へのリンクが貼ってあります。
 研究の様子をブログでアップしていきますので,ぜひご覧ください。


地学班

【地学班】
主に望遠鏡を用いた天体の観測や,化石についての研究を行っています。
今年は,3月と5月にみさと天文台の口径105cm大型望遠鏡を2時間占有して木星の撮影を行い、木星写真コンテストに参加しました。
また、アンモナイトや三葉虫の化石を用いてのレプリカ作りも複数回行っています。



めざしていること

様々な自然現象に対して興味関心をもつとともに,疑問点を見いだす感性を養い,その解決に向けて取り組む力や技術を身につけてほしいと考えています。

新入生へのメッセージ

いろいろなことに興味をもって、「なぜだろう」と考えることはとても大切です。
サイエンス部では,さまざまな分野を専門とする理科の教員が8名,顧問として一緒に活動しています。
「調べたい」「つくりたい」ものがあれば,ぜひサイエンス部に来てください。一緒にいろいろな疑問を解決していきましょう!

大会等の戦績(2012年度~2013年度)

2015年 第56回 日本植物生理学会 高校生研究発表会 
 『オジギソウの就眠運動における概日リズム』について発表
缶サット甲子園近畿大会出場
和歌山県高等学校総合文化祭自然科学部門発表
平成28年度 きのくに科学オリンピック出場