最新ニュース

音楽鑑賞会

昨日,音楽鑑賞会が実施されました。
(午前は中1-4,午後は高1-3,中5・6)
日本を代表するオーケストラの「大阪交響楽団」による演奏会です。
総勢55名オーケストラのメンバーの方々に加え、
指揮に柴田真郁 氏,ソプラノの柏山恵菜 氏,バリトンの福嶋勲 氏
を迎えての演奏会でした。

楽器の一つ一つの音は,心が洗われるような美しさがあり,
繊細かつ大胆な音楽はききごたえがありました。
音の高低(波長)・強弱(大きさ)・質(波形)にも様々なものがあり,
一つの曲でも場面場面によってめりはりがあるのが,素人にもよくわかりました。

作曲家の紹介もあり,耳がきこえなくなるケースが多いと知りました。
大きな音をききつづけているので,うずまき管内の基底膜が大きく振動しすぎて,
その上にあるコルチ器の聴細胞の感覚毛がおおい膜に強く接触しすぎることで破損して,
聴細胞に興奮が生じなくなってしまうのが原因かと想像しました。

オペラの方の澄んだ歌声も開智ホールの後方にまで鮮やかに美しくきこえる迫力のあるものでした。
最後は,サプライズで,校歌のオーケストラVer.も演奏してくださいました。
前奏から最後まで,迫力のある演奏でした。この演奏にあわせて,在校生も歌いました。

なかなか,日常では本格的な生のオーケストラ・オペラをきく機会がないので,貴重な体験となりました。
在校生のみなさんにも,オーケストラ・オペラが身近なものになったと思います。

オーケストラ・オペラ・司会の方々,すばらしい音楽鑑賞会を有難うございました。