最新ニュース

演劇鑑賞会

本日は午前と午後の二部に分けて、芸術鑑賞会が行われました。
今回は関西芸術座の皆様による、戸部良也原作の『遙かなる甲子園』が上演されました。
高校野球シーズンということもあり、高校野球を題材にしたこの演劇を楽しみにしている生徒が非常に多かったようです。
「ろう学校の野球部部員が高野連加盟を目指す」という簡潔ながらも非常に奥深い作品であり、手話やセリフの字幕を用いることによってどんな人でも楽しめる、そして感動できる舞台でした。ハンデを抱えながらもひたむきに野球に取り組む姿を目の当たりにし、「野球が好きだ、好きだから続けたい」という強い思いに心を動かされた生徒も多いことでしょう。そして、ハンデを抱える人々に向ける眼差しを指摘する登場人物の言葉が、胸に突き刺さったという人もいるでしょう。
爽やかで感動する120分間のなかで、それぞれの「気づき」を得られたことだと思います。

お暑い中、素晴らしい公演をしてくださった関西芸術座の皆様、本当にありがとうございました。



関西芸術座の皆様から素晴らしいサイン入り色紙をいただきました。本当にありがとうございました!