図書館だより

「イヤミス」コーナーを設置しました

イヤーな後味がクセになるミステリー、それが「イヤミス」。
そんなジャンルがあることをご存知でしたか?
湊かなえさん『告白』や横溝正史さん『八つ墓村』などが有名です。
結末がモヤモヤする、けれどそれがクセになる。
そんなイヤミス小説たちを、初めて特集してみます。