国際交流

Dartford Grammar School 来校

歓迎セレモニー


10月21日(金)、英国の交流校であるDartford Grammar Schoolの生徒26名が本校に来校し、
生徒達と交流を行いました。

[交流プログラム]
1 歓迎セレモニー
2 異文化交流会
3 百人一首体験(2年1組)
4 授業参加
5 物理実験 (4年1組)
6 クラブ参加(書道部・剣道部・茶道部)

1限目の歓迎セレモニー(開智ホール)では、生徒会長の岩橋君が英語ですばらしい歓迎のスピーチをしてくれました。2限目以降は、異文化交流会や百人一首体験、授業参加など、多くのプログラムで歓迎させていただきました。

Dartford Grammar Schoolとは今年で交流9年目、来年は10周年を迎えます。
毎年すばらしい交流ができていますが、特に今年は、生徒達は非常に積極的に英語で話しかけ、失敗を恐れない姿勢で主体的にコミュニケーションが取れていたように見えました。


異文化交流会


感動の再会


ランチはSUSHI体験


俳句に挑戦(1年A組)


物理実験(Science Roomにて)


百人一首(2年1組)


茶道体験


書道体験


ルーク君と記念撮影


学年の代表生徒と交流会


スカイプ交流 with Dartford Grammar School



英国の交流校Dartford Grammar Schoolが来日する2日前。
10月17日(月)に、8時間の時差を越えて、スカイプ(インターネット電話)を使って交流を行いました。

"What do you want to do in Japan?"
"What is your favorite Japanese food?"

初めは少し緊張した様子でしたが、
生徒達は、授業で学んだ英語表現をつかって積極的に交流していました。
Dartford Grammar Schoolの生徒達は、10月19日?28日まで和歌山に滞在します。


ダートフォードグラマースクールOG来校

本校生徒が英国研修に参加したときのホストシスターで、ダートフォード・グラマースクールの卒業生であるHannahさんが開智を訪れてくれました。研修を通じて生まれた絆がこのように後々まで続くということは素晴らしいことです。学校間の交流が個人間のつながりに繋がっていけば、より多く世界と繋がる機会が増えていきます。今後もこのような関係を大切にしていってもらいたいと思います。


英国研修 帰国後研修会


本日、10時からプラセットホールにて、3月に実施された英国研修の帰国後研修会が行われました。
参加した44名の生徒とその保護者の皆さまに参加して頂き、帰国して3ヵ月たった今、「研修経験を今後にどう活かすか」というテーマで行われました。

[帰国後研修会 概要]
1)研修概要報告(JFIE 藪添泰弘先生)
2)研修経験を今後にどう活かすか(引率教員)
3)スライドショー上映
4)講話(神戸大学 経済学部 講師 アンナ・シュラーデさん)

参加者全員に生徒の感想文集(右下写真)とスライドショーDVDが贈られました。
英国研修に参加したこの44名の生徒がこの素晴らしい経験を生かし、今後様々な分野で活躍してくれることを期待しています。



英国研修(12日目)

研修最終日、早朝6時に集合し、ホストファミリーと最後のお別れをしてバスに乗り込みました。
右の画像は、ヘルシンキで乗り継ぎをしている様子。
関西空港到着は31日火曜日午前8時55分の予定です。

→ 予定より15分遅れの9時10分に関西国際空港に到着しました。