国際交流

Dartford Grammar School来校

10月25日(水)、英国からDartford Grammar School(以下DGS)が来校し、終日かけて交流を行いました。今年、DGSと本校の交流は10周年を迎えます。そんな記念すべき年に30名の学生が開智に来てくれました。開智ホールでの歓迎式では、校長先生から両校の「縁」を大切にするようにとウェルカムスピーチがありました。また、生徒会長も英語で歓迎の挨拶を行いました。
歓迎式が終わると、各班で自己紹介をし、校内の各箇所に設置されたミッションをクリアするというアクティビティを行いました。バスケットボールのフリースローや英作文など、自分の得意分野をそれぞれ活かしながら協力する内に、生徒たちはすっかり打ち解けているようでした。
昼食にみんなでsushiを食べ、午後からは百人一首に挑戦したり、開智の授業に参加したりと、アカデミックな体験をしました。
その後、和菓子職人さんに来ていただき、実際に和菓子を作る体験をしました。皆なかなか苦戦していましたが、日本文化に触れ、楽しく和菓子を作ることが出来ました。
放課後にDGSの生徒は剣道部、書道部、茶道部に分かれてクラブ体験をしました。どのクラブもイギリスではなかなか経験できない良い思い出となったことでしょう。

18時に本日の交流生徒とはお別れです。
たった一日でしたが、両校の生徒から「楽しかった!」と声が上がりました。このような素晴らしい交流が10年続いたことに感謝し、今後の有意義な交流につなげていきましょう。