国際交流

カナダ研修【帰国】

ホストファミリーたちと最後の朝を迎え、別れを惜しみながら日本へ。
中には泣きながらホストマザーと抱き合う生徒もいましたが、それほどこの二週間の生活で強い絆が生まれたように感じました。本当の家族のようにあたたかく受け入れ、大事にして下さった全てのホストファミリーたちに二週間感謝してカナダを出発しました。

長旅で疲れていた生徒たちも関空に到着して、日本語の表示や放送を見聞きして、日本に帰って来たことを実感しているようでした。解散式では、これからも英語を話し続けるということと、このような素晴らしい機会をくれた保護者の方々に感謝することを約束して解散しました。