国際交流

カナダ研修8日目

午前中はいつも通りESLの授業を受け、午後はバンクーバーのコミュニティセンターでサマーシズル(夏の暑さという意味でホットなイベントだからそう呼んでるそうです)というイベントに参加しました。地域の子どもたちと一緒に折り紙を折ったり、ドラムやマラカスで音楽を楽しんだり、風船にペイントしたり、風車を作ったり、モールで指輪のようなおもちゃを作ったりと様々なアクティビティがありました。その後、現地の小学生くらいの子たちとバスケットをしたり、自由に公園で遊びました。全く知らない子たちとスポーツを通して仲良くなったと喜んでいる生徒もいました。帰りのバスでもとにかくみんな元気で、日本人同士でもがんばって英語でワイワイ話していました。