ご支援のお願い

教育活動助成金趣意書

ご支援のお願い

伝統から革新へ... そして新たなる知の創造へと深化する学校に


 本校の前身は、大正12年に創立された修徳高等女学校です。
 ここ和歌山で70年余りに及ぶ女子教育の伝統校として歩んでまいりましたが、平成5年4月、新たに校名を開智中学校・高等学校と定め、男女共学・中高一貫校として直川の地でスタートいたしました。
 「智を開く学校 開智」は、永年培ってきた伝統を守りながら、同時に、新しい時代の求める人材の育成に努め、多くの卒業生を輩出してまいりました。
 この度、平成29年度をもって開校25周年を迎えるにあたり、私は、この記念すべき年を、「開智の未来へのステージ」に一歩踏み出すための大きな契機となる飛躍の年にしたいと、強く願っています。
 ますます多様化するこれからの時代において、生徒たちに求められる力も変化してまいりました。国際社会で活躍するための力を育てる「国際交流」への取り組み、またさまざまな問題解決に向けた論理的思考力や科学的発想力を磨く教育の充実等に努めてまいります。
 具体的には、英国の交流校ダートフォードグラマースクールとの交換派遣プログラムや、国際的なリーダー研修への参加などを通してグローバル意識を高め、また、「数学オリンピック」「科学オリンピック」等、対外的な各種大会や開智独自の取り組みにも、生徒が積極的にチャレンジできる土壌を整備していく所存です。そのためには、生徒参加に伴う保護者の皆さまのご負担を少しでも軽減できる環境づくりを進めたいと思います。
 つきましては、開校25周年を迎えるにあたり、進化し続ける開智中学校・高等学校 開校25周年記念教育活動助成金を設置いたします。既存の修徳学園創立60周年記念奨学基金を原資とし、新たな教育活動助成金の趣旨にご賛同いただける皆さま方のご厚志をもって運営させていただきたく、「開智中学校・高等学校 教育活動助成金」への寄付を募らせていただきます。
 社会で求められるリーダーを育てる本校教育活動の今後ますますの発展とたゆまぬ革新のため、皆様のお力添えをいただきたく、何卒ご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

寄付金募集要項へリンク
寄付金申し込みフォームへリンク